トップ > プロフィール

ご紹介

島陽一
島陽一
1949年1月18日生まれ

日本大学芸術学部写真学科卒業
1971年 平凡出版株式会社(現マガジンハウス)入社

カメラマンとして『平凡(タレント)』『anan(ファッション、旅)』
『クロワッサン(人物、料理)』
『GINZA(商品、店舗)』『Hanako(タレント、料理、店舗)』等の撮影を担当。
フォトクリエイティブルーム部長を経て2010年退社。

1999年〜2003年(社)日本雑誌協会芸能写真記者会 代表幹事を務める。
1999年〜2010年 雑誌愛読月間のポスターを撮影。
島雄司
島雄司
1983年3月1日生まれ

東京工芸大学芸術学部写真学科卒業
2005年 株式会社インプルーブ入社

株式会社ベストブライダルのブライダル写真を担当
『広尾アプローズスクエア』『横浜アートグレイス』『新浦安アートグレイス』
『台場パラッツオ•エ•マーレ(責任者)』『大宮アートグレイス璃宮(立ち上げから参加)』
年間約150組の婚礼を撮影。2012年退社。
現在フリーカメラマン。

島写真館の歴史

島写真館2号店
大湧谷日本観光地百選記念切手

初代 嶋 力蔵

1878年(明治11年)創業の宮ノ下「嶋写真店」に師事。
1919年(大正8年)箱根登山鉄道の開通と同年に強羅に創業。
風景写真を得意として、特に箱根及び富士山を撮影。多くの乾板写真を残す。
大湧谷を撮影した写真は昭和26年発行の日本観光地百選記念切手となる。
その後嶋秀雄、陽一と引き継ぐ。
平成10年 神奈川県より優良店舗表彰受賞。
  • 島写真館大正7年
  • 島写真館大正8年
  • 島写真館改装